5月 07

カラーモードとチャンネルbit数のまとめ

カラーモードにはCMYK・RGB・グレースケール・モノクロ(2階調)・LAB(CIELab)・インデックスカラーなどがあります。
それぞれのカラーモードの特性については、ここでは省きます。
チャンネルbitは8bit・16bit・32bitなどがありますが、カラーモードとの兼ね合いもあって1bit・2bit・4bit・6bitなども存在はするようです。
例えば、16色や256色などはカラーモードとは関係なく色数が基準のものもあります。
ここでは印刷向けに調べたものをとりあえず載せています。
カラーモードとチャンネル数はImageMagickのファイル情報を調べるコマンド「identify -verbose」を使用します。
ImageMagickのバージョンは16bit対応のもので「Version: ImageMagick 6.8.3-0 2013-02-13 Q16 http://www.imagemagick.org」です。
網羅しているわけではありませんのあしからず。

Illustratorで保存したPDF形式の場合

Illustratorではチャンネルbit数の指定はできません。
基本的には8bitとして扱われます。

CMYKカラー
Colorspace: CMYK
Depth: 16/8-bit
Type: ColorSeparation
RGBカラー
Colorspace: sRGB
Depth: 16/8-bit
Type: ColorSeparation

Photoshopで保存したPSD形式の場合

Photoshopではチャンネルbit数を指定できます。
カラー情報を持てるカラーモード(RGBやCMYKなど)の場合、編集中は16bitに上げておくのは基本中の基本ですが、完成したら必ず8bitに戻すのを忘れないようにしましょう。
特に印刷向けに入稿する場合は8bitに戻してください、お願いします。

RGBカラー(8bit)
Colorspace: sRGB
Depth: 8/1-bit
Type: PaletteAlpha
RGBカラー(16bit)
Colorspace: sRGB
Depth: 16/1-bit
Type: Palette
RGBカラー(32bit)
非対応(32bit対応のImageMaagickは存在する?)
CMYKカラー(8bit)
Colorspace: CMYK
Depth: 8/1-bit
Type: ColorSeparationAlpha
CMYKカラー(16bit)
Colorspace: CMYK
Depth: 16/1-bit
Type: ColorSeparation
グレースケール(8bit)
Colorspace: Gray
Depth: 8/1-bit
Type: Bilevel
インデックスカラー(8bit)
Colorspace: sRGB
Depth: 8/1-bit
Type: Palette

カラーモード自体はRGBなので、タイプで判定する必要があります。
ソフトによってはインデックスカラーは画像が化ける原因になりますので、インデックスカラーは省いたほうが事故を防げますね。
アニメーション対応のGIF形式は論外です。

Labカラー(8bit)
Colorspace: CIELab
Depth: 8-bit
Type: PaletteAlpha
モノクロ2階調
Colorspace: Gray
Depth: 1/8-bit
Type: Bilevel

グレースケールとはDepth(色深度)が異なるので判定できますね。

このあたりの情報を踏まえて、自前のファイル情報取得クラスの更新を行いますか。
印刷注文管理システム「POAS」でのチェックにもカラーモードを追加することにしましょう。

4月 10

POASにメール認証必須を実装

印刷通販管理システム「POAS」でメール認証が必須になります。
注文時には必ずメール認証を完了させてから薦めることになります。
ファイルのアップロードやカートへの登録、問い合わせなどは必須ではありません。

更新は順次始めます。

4月 02

デザまね印刷の利用規約改定

デザまね印刷は、お持ちの印刷物に真似てデータを作って印刷するサービスです。
現在は、格安名刺印刷「名刺47」と格安封筒印刷「封筒47」で展開しています。

特急の扱いが不明瞭でしたので、「当日」から「12時間以内」と変更しました。

詳しくは、デザまね印刷をご確認ください。

8月 26

プル@ステ今後の運営方針

日頃より、プルーフステーション(プル@ステ:印刷データ生成システム)をご利用いただきましてありがとうございます。
さて、当該システムに置きましては、今後は更新を停止し保守(稼働確認・メンテナンス・課金請求)のみとさせていただきます。

特定のサービス向けに開発されたこのシステムですが、設計の変更や他サービスへの対応など何度か試みていたものの、最初のフルスクラッチの影響で追加で手を加えたことによる全体への影響というリスクを負うことが出来ない状況となっております。

ここ数年に渡り新規顧客を獲得できず、今後の見込みもありません。
増税に伴う単価減額に伴う売り上げの低下、稼働率の大幅な減少に伴いコストが膨らんでおりました。
つきましては、開発は停止とし、保守のみの対応とさせていただきます。
なお、不具合等につきましては、原則個別対応とさせていただきます。
なお、システムに大きく影響が出ない範囲で対応が可能なことが分かれば改修を行うこともございます。

新規の案件につきましては、現状のシステムの範囲で対応が可能な場合は対応いたします。
現在は、印刷通販システムPOASに注力しており、このシステムに移植する形で継続する予定です。
移植後のシステムについての要望は常時受け付けております。

5月 03

印刷通販システムの旧型から新型へのデータ移管期間終了

印刷通販システムPOASの本稼働に伴う、旧システムからのデータ移管を終了します。
移管に必要な紐づけデータや関連する機能は、システムから削除されます。
これ以降の移管は承ることはできません。

旧システムについては、一般公開を終了し、管理側からのみ利用できるものとします。
また、旧システムの稼働は、3月までとしていましたが、5月まで延長します。
5月末日をもって完全に削除となります。
この期日は延長されることはありません。

旧システム内の文字配置については、POASにて新しくベタ配置としての実装を予定しています。
ただし、イラストレーターのベタとは異なる予定です。

2月 11

POASにファイル構造判定機能を実装

Web to Printの波にもまれるネット印刷通販システムPOASです。
入稿データの構造チェック機能を追加しました。
チェック項目は次の通りです。

  • テキストがアウトライン化されているかどうか
  • リンクされたファイルがないかどうか
  • フィルタ情報が残っていないか(Inkscape SVGのみ)

この機能は現在は標準搭載となります。

1月 25

PLECメジャーアップデート

ウェブ上でデザインを編集できる機能、PLECのメジャーアップデートを行いました。
これまでクライアントは変更のリクエストを送信してレスポンスを待ってから再描画していたのに対して、
リクエスト前にクライアント側で先に再描画し、レスポンスにエラーがあれば通知するように変更しました。
体感で大幅な高速化を図りました。
また、各処理を可能な限りオブジェクト化し、エラー発生の確率を大きく減らしました。

素材やテンプレート周りがまだ怪しい感じがするので、引き続き調整は行います。
詳しくは、実際に稼働している印刷通販サイト「プリントライ」をご覧ください。
機能の利用は無料です。

1月 19

POASにYahoo!ウォレットFastPay決済モジュールを追加

印刷通販システムのPOASにYahoo!ウォレットFastPayを利用できる決済モジュールを導入しました。
提供されているモジュールがphp5.3以上必須だったので、開発機のPHP5.2をアップデートしたり、開発環境も更新しながらの作業でした。
途中、エラーチェックの不具合でかなり苦しみましたが、何とか実装に成功。

1日目にドキュメントをよーく読んで、2日目に作業開始で当日のうちに何とか実装できました。
その後で、実装に興味があったので不具合の原因を調べて、Yahoo!ウォレットに報告したり、本番環境の申請をしたりで、落ち着いたので3日目に記事にしています。

ちなみに、この決済モジュールの利用は無料です。

1月 15

POASにOGPを導入

印刷通販システムPOASにOGPを導入しました。
OGPとはOpen Graph Protocolの略ですが、要はHTMLのMETAタグに頼らず独自に設定したプロパティを参照してページの公開情報を設定するものです。

まぁ、独自規格の乱立ってやつです。

それはさておき、TwitterやFacebookでは、OGPを設定するといろいろうれしいことがあるので、POASにも導入しました。
先ずは商品のみですが、特に追加設定は必要なく、項目が適切に設定されていれば自動的に生成され、参照時に有効となります。

Twitterに限っては、TwitterCardという規格になりますが、申請が必要なので、各自で登録をお願いします。

10月 27

価格バリエーションのオプション設定機能を廃止

ネット印刷通販システムですが、
機能として実装はされていたものの使用されていない、
また、今後の機能拡張に支障がある為、価格バリエーションに対してのオプション設定機能を廃止します。
必要な場合は別の商品として新たに追加していただくことになります。

現在は価格を選んでからオプションを指定していましたが、
価格表示画面でオプションを変更し、さらに価格もリアルタイムに確認できるようにする予定です。

これでアクションが1手順減ることになります。