9月 12

Windows7にもてあそばれる

一通り入れた後に、MySQLを入れ忘れたのに気がついて入れてみたところ、PHPからアクセスできない。実際にはphpMyAdmin3からアクセスできない。エラーメッセージも表示されず、1分ぐらい待たされて方真っ白な画面になってしまう。
コマンドからは問題なくアクセスできるものの、mod_phpからアクセスできない。
このときのPHPは5.3.3、MySQLは5.1.50(64bit)でした。
httpd.confやphp.iniやmy.iniをいじっては見たものの改善せず。
ここで不貞寝しました。

そして翌日。
まず最初にMySQLをノーマルからエッセンシャルに入れ替えたり、32bitにしたりバージョンを入れ替えたりしたけれどうまくいかない。PHPを入れる際にVCのライブラリを更新したのでそれに問題があるのではと考え、仕方がなくWindows7を入れなおすことに。

とりあえずWindows7を上書きでインストールしなおしてみたところ、前のシステムが複製されて残っていて、とっても気持ちが悪い状態に。仕方がないので改めてパーティションをフォーマットしなおしてから、改めて入れなおすことに。

まず最初にMySQL5.1.50(64bit)を入れて、次にApache2.2.16、そしてVCを更新せずにPHP5.3.3を入れなおしてみたところ、やはり現象は同じ。
ここでふとPHPのインストーラーにVCの対象を選択する新しい項目があったのを思い出して、前のバージョンで試してみようと思い立ちました。
PHP5.2.14を入れなおしたところ、zlib.dllがないといわれるのでネットから拾ってきて放り込んだところ、難なく起動。

問題だったのはPHP5.3.3.
データベースとの連携が高いはずのPHPで、このような障害が発生しました。
何でもかんでも組み込み関数にしてしまったPHPの成れの果てを垣間見た気がしました。

結局それ以外では、ActivePerlを64bitにするとMinGWと連携できないようなので、32bitで入れなおしたぐらいで、特に大きな問題もなく開発環境は整いました。
あとはデータを移していくだけです。これもかなり面倒なのですが。

9月 11

新しいマシンを手に入れた

今まで開発はVistaの入っているノートパソコンで行っていましたが、HDDの残量が減ってきたり、使い込んだからか重くなってきたのでどうにかしたいと思っていました。
OSを入れなおせば復活はするのでしょうが、開発用なので何かあると仕事に差し支えます。
そこで仕方なく、新しいマシンを入手することにしました。

まず悩んだのはIntelかAMDかでした。
マザーボードはIntel用のほうが安く販売されていますが、CPUはAMDのほうがかなり安いので、今回はAMDを選択しました。
メモリは2Gx2の4G。
4Gのメモリをフルに使うためにOSは64bitのWindows7にしました。

本日の昼から秋葉原に繰り出し、ソフマップ、ツクモ、クレバリー、T-ZONE、TWO-TOP、ドスパラの順で下調べ。
ポテトケバブを腹に流し込みながら考えた末、結局、ツクモでまとめて買うことにきめました。

マザーボード:MSI 880GMA-E45 8,980円
CPU:AMD X2 260 6,800円
メモリ:CORSAIR 2Gx2 8,780円
HDD:HITACHI HDS721010CLA332(1TByte) 4,999円
OS:Microsoft Windows7 64bit 12,000円
ほかに相性保障と保証延期で1,050円
予算は諭吉さんが7名だったのですが、総額42,609円のお買い物でした。
セール品でポイントがつかないものばかりだったので、クレジットで支払いました。諭吉さんは財布の中で出番を失い、意気消沈です。

ちなみに、ケースと電源、ROMドライブ、マウスとキーボードは使い回しです。
CPUファンは悩んだ末にリテールのままでいくことに。これから涼しくなるはずですし。もちろん、CPUをクアッドにして消化してもよかったのですが、それはまた別の機会に。

帰宅し早速パーツを開梱して組み立て始めました。
マザーボードをケースに固定してCPUを載せて、ファンを載せて、メモリを挿して、HDDを固定して、ピンを刺してサクッと完了。
Windows7のDVDを入れて何回か再起動をしたらインストールが完了しました。
Vistaでは苦戦したのですが、改善されていたのでしょう、少し拍子抜けでした。
さて、これから開発環境を整えていく楽しいお仕事が待っているわけですね・・・

10月 25

Windows7に触れてきた

10月22日に発売になった新OSのWindows7ですが、今のメインマシンはVistaですが開発機ということもあって、簡単にOSを入れ替えることはできません。
もちろんアップグレード代1万5千前後も結構な負担というのもありますが。
とはいえ、まったく興味がないわけでもないので、量販店に行って弄ってきました。
第一印象としては、Vistaのスキンを変更したって感じです。いろいろいじっても特に違和感は感じないし、[win]+[e]の長押しもエクスプローラーが起動しまくるのも顕在でした。それ以外には何も感じません。多少ハードスペックが低くてもサクサク動くようですが、どの道使い込んだらモタつくのはWindowsのお約束でしょう。とりあえず、のんびりと様子を見ることにします。