9月 30

WordPressのTwitter連携プラグインを変更

これまで使っていたプラグイン(名前忘れた)が、投稿の際にURLを正しく投稿できなくなっていた問題。
一向に解消されなかったので、プラグインを変更することにしました。

検索すると、今時なのは「WP to Twitter」というプラグインらしい。
インストール・有効化・設定ということで、無事投稿できるようになりました。

でめたし、でめたし。

10月 04

WordPressのページ構成を弄るときに便利なプラグイン「Redirection」

ブログから初めて固定ページを作り始めてしまうと、いろいろと作り込んでいくうちにページ構成に悩みますね。
階層を変更すると、せかっくGoogleにキャッシュされているのに…なんていうこともあるでしょうか。
そこで便利なプラグインが「Redirection」です。
名前そのまま、リダイレクトを管理します。
実体は.htaccessを書き換えるだけのものですが。

リダイレクト方法は、アクセスしたURLの内容を指定した内容で書き換える「Redirections」と、301でリダイレクトする「Modified Posts」を選択できますが、通常のリダイレクトということであれば「Modified Posts」を指定します。

10月 23

WordPressの投稿連携がTwitter APIに蹴られる

WordPressで記事投稿時にtwutterでもポストするプラグインを入れてあるのだけれど、
{"errors":[{"code":226,"message":"This request looks like it might be automated. To protect our users from spam and other malicious activity, we can't complete this action right now. Please try again later."}]}
と表示されるようになった。
おそらく、WordPress4にアップデートしてからだと思う。
これはどうすればいいのだろうか。

6月 14

WordPress2.8にアップグレードしてはいけない。むしろ使うな?

WordPressに待望の新バージョンが出たわけですが、自動アップグレードでWP以外のファイルが削除されるという不具合が発生しているようです。
この不具合は致命的な欠陥です。
フォーラムには手動でアップグレードすれば問題ないと書いてありますが、そもそも「ファイルを勝手に消してしまうコードがどこかにあるわけで、アップグレードの手段を変えただけで本当に回避できるのか?」と疑うべきでしょう。
もちろん、この不具合はアップグレード前、つまり2.7の自動アップグレード機能に問題がある可能性もあるわけですが、それらがはっきりしてない以上、余計なことをしない方がいいのかもしれません。

とはいえ、新し物好きな性分なので、別のサイトのWordPressを2.7.1から2.8に手動でアップグレードしてみることにしました。
特に凝ったこともやってないから、困ったことにはならないだろうという勝手な解釈です。
削除してからアップするべきだけど、2.7.1のときは問題なかったので完全に無視して、上書きで更新。
いよいよwp-adminにアクセスすると・・・画面真っ白。レスポンスヘッダは一応出力されているけど、コンテンツのサイズが0で、まったくの空っぽです。

とりあえず、ファイルを一度削除してアップしなおすことにしました。
これでとりあえず動くようにはなりましたが、今まで使っていたオリジナルのテンプレートが使えなくなってしまいました。
もうくだらないことに時間を割くのももったいないので、初期画面に戻してしばらく様子を見ることにしました。

WordPress2.8は改悪でしたね・・・

4月 18

wordpressでページの親子関係を動的に表示させる

実は今まで、ページの親子関係はいちいち手入力してました。
phpで組めばいいのですが、調べ方がとくわからなかったからです。
何気にふと検索したら、その方法が出ていました。

自分用に若干手を加えたので載せておきます。

<!-- structure tree view -->
<?php
global $wp_query;

if( empty($wp_query->post->post_parent) ) {
$parent = $wp_query->post->ID;
} else {
$parent = $wp_query->post->post_parent;
} ?>
<?php if(wp_list_pages("title_li=&child_of=$parent&echo=0" )): ?>
<ul>
<?php wp_list_pages("title_li=&child_of=$parent" ); ?>
</ul>
<?php endif; ?>
<!-- /structure tree view -->


テーマ編集、ページテンプレートに追加すると幸せになれることでしょう。
ただし、今見ているページから下のみを表示できるわけではなく、今見ているページから一番上の親から下の全てになります。

12月 14

WordPressを2.7にしてみた

ダッシュボードでずっとアナウンスされていたけど、日本語版がまだ2.5.3のままでしばらく放置していました。

先ほど確認してみたら日本語版も2.7がきていたので更新することに。
何が変わるかというと、管理側が大幅に更新されるということは、定期確認で知っていたけれど、実際に使ってみないとどうなるかまではわかりません。

とりあえず・・・今風になったかな、という感じですね。
原因不明で消失していたメニューのメディアも復活したし、ファイルのアップロードもできるようになったようです。

テーマを自作できればもうちょっと広がるのでしょうけど、今のところは拾ってきたものでガマンガマン。

11月 16

ページと投稿の使い分けをどうするのか

WordPressを使い始めてちょっと経ちますが、この内容は投稿でいいのかとか、この内容はページでいいのかを悩むようになりました。
そもそも、なぜ投稿とページが分かれているのかがなぞです。
使い始めにはまったく疑問に思っていませんでしたが。
WordPressサイトをよくよく見ると投稿しか使ってないところが結構あるようです。

他にも、カテゴリ自体に説明文を追加したい時や、そのカテゴリのインデックスページが作成できないなど、よくよく考えると足らない機能が多いようです。
とはいえ、そこそこ人気のあるCMSですし、ただ単に使い方があっていなかったということだけのような気もします。

10月 13

サイトマップを出力するプラグイン

WordPressの理解を深めようと、プラグインを調べていました。
そういえば、データベースで構成されているんだから簡単にサイトマップが作れるはず。
ということで、Sitemap Generator Plugin for WordPressを発見しました。

プラグインのファイル(書庫)はwordpresのページよりダウンロードする。
 ↓
解凍したファイルをディレクトリ(sitemap-generator)ごと/wp-content/plugins/にコピーする。
 ↓
wordpressにログインし、設定からプラグインの使用を選択する。
 ↓
言語を日本語にして、サイトマップのアドレス(/sitemap.xml)を設定する。

あとはgoogle先生にサイトマップの通知を行えば、しばらくすると反映されるでしょう。

9月 08

WordPressでタグを扱う

デザインを弄ろうとしましたが、Smartyに慣れてしまうと、WordPressのテンプレートは違った感触です。
タグを表示する”タグ”は以下のものだとこちらで見つけました。


<?php the_tags(); ?>

the_tags()には3つの引数を指定できるようで、

  • 1つ目:ヘッダ
  • 2つ目:セパレータ
  • 3つ目:フッタ

ということだそうです。
必死に”Tags”を検索してて見つからないわけです。