Excelを読むにはPerlとPHPのどちらが便利?

Excelのデータを読む必要が出てきました。
稼動しているシステムでは表向きはPHP、内部はほぼPerlという、
純粋なPHPプログラマにはお手上げのシステムです。
もちろん私はPerlerなので、痛くも痒くもありませんが。

さて、例によってPerlとPHPの間にゴングが鳴らされました。
Perlはお決まりのものがあるので置いといて、PHPのPEARでExcelを探してみると・・・

  1. Spreadsheet_Excel_Writer: Package for generating Excel spreadsheets
  2. Structures_DataGrid_DataSource_Excel: DataSource driver using Excel spreadsheets
  3. Structures_DataGrid_Renderer_XLS: Renderer driver using PEAR::Spreadsheet_Excel_Writer

この3つがヒットしました。
ちなみに、PECLには登録なしでした。
なんかいまいちっぽいので、PEARに登録の無いものを探してみることに。

PHPExcelなるものを発見しました。
このライブラリを取り上げているサイトは多いけど、
実際に使っていたり、サンプルコードを掲示しているサイトが一つも無い・・・
Documentを読んだ限りでは多機能だとわかりますが、
本当に動くかどうか検証されていないものをシステムに入れるわけには行きません。

やはり使い慣れたPerlモジュール「Spreadsheet::ParseExcel」の出番ですか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です