SSL「Let’s Encrypt」を自動更新するためのメモ

ここはCnetOS6+Apache httpdでLet’s Encryptを自動更新するためのメモです。

カレントディレクトリを作業用など適当に変更して

wget https://dl.eff.org/certbot-auto
chmod a+x certbot-auto
./certbot-auto

多分上のコマンドでいろいろ追加インストールしたり、バージョンが違うので揃えろとかいわれるので諸々対応を済ませ

certbot certonly --agree-tos --webroot -w /var/www/html/ -d example.com

上のようにサーバーの設定を入力すると

/etc/letsencrypt/live/example.com/

ここにpemが生成されるので

SSLCertificateFile /etc/letsencrypt/live/example.com/cert.pem
SSLCertificateKeyFile /etc/letsencrypt/live/example.com/privkey.pem
SSLCACertificateFile /etc/letsencrypt/live/example.com/chain.pem

を設定してウェブサーバーを再起動
ちなみに、Apacheが2.4.8以上はfullchain.pemにしないといけないらしい。
そして、cronに次のコマンドを月イチ実行で登録する。

/usr/bin/certbot-auto renew --post-hook "service httpd reload"

問題ないかどうかはとりあえず実行すれば確認できる。
更新頻度が高いとまだしなくていいよって怒られるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です