FileZillaを3.9.0.6にアップデートすると使い物にならなくなる

FTPクライアントソフトFileZillaが3.9.0.6にアップデートしました。
起動時に通知されるので更新したのですが、その直後からFTPサーバから蹴られるようになってしまいました。
どうもSSL3.0がらみの更新が原因のようですが、対応方法がよくわかりません。

仕方がないので、3.9.0.5に戻して元に戻りましたが、本当にこれでいいのかよくわかりません。
いずれにしても、SFTPを利用していないので、SSLがらみの更新は保留ということでよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です