IT系のイベントに行ってきた

2011年05月11日~13日までの3日間、ビッグサイトでイベントがありました。13日の金曜日に行ってきました。
複数のイベントが同時に開催されるのですが、掲載順に
第13回 データストレージ EXPO
第 1回 スマートフォン&モバイル EXPO
第20回 ソフトウェアハウス開発環境 EXPO
第16回 データウェアハウス&CRM EXPO
第14回 組み込みシステム開発技術展
第 2回 クラウドコンピューティングEXPO
第 6回 RFIDソリューション EXPO
第 5回 ダイレクト マーケティング EXPO
第 5回 Web&モバイル マーケティング EXPO
第 3回 グリーンIT&省エネソリューション EXPO
といった感じです。
ひとつだけEXPOってつかないのが気になりますが、こらえましょう。

まず最初の感想としては「コンパニオンサイコー」です。
普通っぽい格好は空気読めって感じで、和服からヘソだし、ボンテージっぽいのもいました。素材がアレなのもたまにいますが、基本はどこかの登録派遣で審査済みなのでしょう、3次元に興味がなくて(オイ)もそれなりな面々でした。まれにアニメ声チックな第一声を聞くだけで、思わず顔を向けてしまう人もいました。

ということで、今手がけている仕事に関係がありそうな帳票とかPDF周りを中心に冷やかしてきました。一部のブースでは、技術的に出来ないって言ってた内容をすでに自分が実装させていることを話すと、自信が崩れたのか急に態度が変わったのには受けましたね。大阪の会社。こっちが関西弁っていうのも、態度の変化に拍車をかけたのかもしれませんが。

一つ気になったのが、電子書籍関連のブースが極端に減ったこと。というか一つもなかったのでは?一応一通り回ったつもりですが、電子書籍関連がなくなって、PDF帳票が増えていた気がします。電子書籍はやはりもうだめだということですかね。独自フォーマットを売りにしていたところはどこにもなかったかと。

あと、毎度のことなのですが、超大手のブースは無駄に人が多い。講演の内容も正直たいしたことないので基本的に毎回スルーするのですが、個人的にはプレスの撮影に映るのを期待しているだけに見えて仕方が無いのです。実際映るのですが。

去年はWBSにチラッと映っていた(たぶん)のですが、今年は映っていなかったですね。カメラはそれなりにいたのですが。まぁ、映るなら取材に来てくれるぐらいで無いと、ね。

あと個人的な意見ですが、営業しない技術系の人は、こういうイベントには履きなれた靴でいきましょう。会場の端にある休憩所でいかにも歩き疲れたようにやつれながらノーパソを叩いている、明らかに技術系の人を沢山見かけるのですが、そんな靴では・・・。

ということで、最後に一言。コンパニオn(略

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です