HTML/AA 0.01

HTML/AAPHPのモジュールです。
スクリプトと同じ階層か、PHPのモジュール用のパスに設置してください。
AAはアスキーアート(Ascii Art)と同じ要領で、アスキーアジャスト(Ascii Adjust)を行います。
このモジュールは、ブラウザに表示する文字列を整形する機能を有します。
このモジュールは、PerlのHTML::AAモジュールの移植版です。
UTF-8への対応も予定しておりますので、しばらくお待ちください。
ご意見、ご感想は、モジュール内に記載されているメールアドレスまでお寄せください。
PEARへの登録方法がよく分かりません。誰か教えて・・・

注意

エンコードはEUC-JP、Shift_JISに対応しています。
解説は、このページが一番詳しく、判りやすいと思います。
文字コードが異なる場合には、正常な結果を得ることができません。
MS Pゴシック12ポイントで表示した場合に限り、正常に表示できると予想されます。
文字列の先頭に半角スペースが出力された場合、それが行頭になるとずれる現象が発生します。
詳しくは、アスキーアートを紹介しているサイト等を参考にしてください。
文字列内に半角スペースの連続が混入していないと仮定します。

構文

HTML/AAモジュールを使う準備

require_once( 'HTML/AA.php' );
$aart = new AA( );
printf( '%s Version %s', $aart -> module, $aart -> version );
PHP HTML/AA module Version 0.01

文字列の長さを求める

echo $aart -> calcu_euc( '文字列の長さを求める' );
152

文字列を文字1つの配列に分解する

echo join( '|', $aart -> divide_euc( '文字列を文字1つの配列に分解する' ) );
文|字|列|を|文|字|1|つ|の|配|列|に|分|解|す|る

調整ドットを挿入して指定したサイズに整形

// 調整ドットは左側
echo $aart -> adjust_left_euc( '左側の文字', '右側の文字', 256 );
// 調整ドットは右側
echo $aart -> adjust_right_euc( '左側の文字', '右側の文字', 256 );
左側の文字.         右側の文字
左側の文字         .右側の文字

配列を1行と見立てて、整形できる最小のサイズを求める

$ary = array( '配列の中から', '整形可能な最小のサイズを', '返します' );
echo $aart -> shorter_euc( $ary );
226

配列を1行と見立てて、指定された倍数で、整形できる最小のサイズと、何倍かを求める

$ary = array( '配列を1行と見立てて', '指定された倍数で', '整形できる最小のサイズと', '何倍かを求める' );
echo join( ':', $aart -> shorter_multiple_euc( 16, $ary, $ary ) );
400:25

サンプルスクリプト

サンプルスクリプトのEUC-JPとShift_JISはダウンロード用パッケージに同梱されています。

<html>
<head>
<style type="text/css">
<!--
  table,tr,th,td { border:1px gray solid; border-collapse:collapse; text-align:center; }
  input,textarea { margin:4px; }
  input { text-align:center; }
//-->
</style>
</head>
<body>
<?php
require_once( 'HTML/AA.php' );
$aart = new AA( );
printf( '<h1>%s Version %s</h1>', $aart -> module, $aart -> version );
?>
<h3>EUC-JPサンプル</h3>
<ul>
  <li><a href="http://penlabo.net/PHP/HTML-AA.html">HTML/AA(ぺんラボ)</a></li>
  <li><a href="HTML-AA_euc.php">EUC-JP</a></li>
  <li><a href="HTML-AA_sjis.php">Shift_JIS</a></li>
</ul>
<form action="" method="post">
<table>
<tr>
  <td>左側</td>
  <td><input type="submit" value="整形"></td>
  <td>右側</td>
</tr>
<tr>
  <td>
    <textarea name="multilineL" cols="50" rows="10" style="font-size:85%">FightAIDS@Home
Human Proteome
Discovering Dengue Drugs - Together
Rosetta@home
SIMAP
TANPAKU
proteins@home
SETI@Home
Folding@Home
CHRONOS</textarea>
  </td>
  <td>
    <input type="text" name="separate" value="│" size="2">
  </td>
  <td>
    <textarea name="multilineR" cols="50" rows="10" style="font-size:85%">HIVの新薬開発
たんぱく質構造の予測
デング熱治療薬開発プロジェクト
たんぱく質構造の予測
たんぱく質の類似性データベースの構築
たんぱく質構造の予測
たんぱく質構造の予測
地球外の知的生命を検出
たんぱく質構造の予測・アルツハイマー解析
ヒトゲノム染色体間法則性解明</textarea>
  </td>
</tr>
</table>
</form>
<div style="font-family:MS Pゴシック;font-size:12pt">
<?php
if( isset( $_POST['multilineL'] ) && isset( $_POST['multilineR'] ) ){
  aa( $aart );
}
function aa( &$aart ){
  // mb_splitにもスイッチつけれ
  mb_regex_encoding( 'EUC-JP' );
  // 改行コード除去
  $aryL = mb_split( '\x0d\x0a|\x0d|\x0a', $_POST['multilineL'] );
  $aryR = mb_split( '\x0d\x0a|\x0d|\x0a', $_POST['multilineR'] );
  // 配列の小さいほうを基準に
  $max = count( $aryL ) < count( $aryR ) ? count( $aryL ) : count( $aryR );
  $aryL = array_splice( $aryL, 0, $max );
  $aryR = array_splice( $aryR, 0, $max );
  // 最短整列ドット数
  $minL = $aart -> shorter_euc( $aryL );
  $minR = $aart -> shorter_euc( $aryR );
  // 整形
  for( $i = 0; $i < $max; $i ++ ){
    echo $_POST['separate'];
    echo $aart -> adjust_right_euc( '', $aryL[$i], $minL );
    echo $_POST['separate'];
    echo $aart -> adjust_left_euc( $aryR[$i], '', $minR );
    echo $_POST['separate'];
    echo "<br>\r\n";
  }
}
?>
</div>
</body>
</html>
│            .FightAIDS@Home│HIVの新薬開発.                  │
│             .Human Proteome│たんぱく質構造の予測              │
│Discovering Dengue Drugs - Together│デング熱治療薬開発プロジェクト        │
│              .Rosetta@home│たんぱく質構造の予測              │
│                    .SIMAP│たんぱく質の類似性データベースの構築.   │
│                  . TANPAKU│たんぱく質構造の予測              │
│               .proteins@home│たんぱく質構造の予測              │
│                SETI@Home│地球外の知的生命を検出             │
│               .Folding@Home│たんぱく質構造の予測・アルツハイマー解析│
│                 .CHRONOS│ヒトゲノム染色体間法則性解明.        │

動作サンプル

EUC-JPサンプル
Shift_JISサンプル

補足

各バージョンごとに使い方が変わると思います。ご注意ください。
使い勝手がいいとはいえません。ぼちぼち更新していくかもしれませんが、関数名が変更になる可能性があります。
下のように、バージョンチェックをしたほうがいいかもしれません。

if( $aart -> version != 0.01 ){ echo 'The version of the HTML/AA module is different.'; }

ダウンロード

HTML_AA-0.01.zip

履歴

2008-04-07
サイト移動に伴うHTMLの修正(旧URI:[廃止])
2007-09-16
Perlから移植 バージョン0.01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です