Date::Simple(Perlで日付の使いに困ったら)

日付は様々なフォーマットで表示され、その扱いの困ることも多いでしょう。
月を跨いだ期間を求める場合などが、その例です。
使用したDate::Simpleモジュールのバージョンは3.02でした。
便利なモジュールですが、Perlのバージョンが5.8の場合には、追加でインストールしなければいけません。
現時点ではインストール方法のみのご紹介となっております。
なお、Date::Simpleモジュールでは手に負えなかったり、時間を含む場合には、HTTP::Dateモジュールをお勧めします。

インストール方法

Windowsの場合

OSがWindowsの場合には、新しいバージョンのバイナリが用意されているので、ppmを利用してインストールできます。

ppm install Date-Simple

Linuxの場合

OSがLinuxの場合には、パッケージをダウンロードして手動でインストールを行うべきです。
なぜなら、CPANシェルからインストールできるものは、バージョンが古いままだからです。
また、CPANシェルを利用して通常の方法でインストールを行うと、以下のエラーメッセージが表示されるかもしれません。
なお、この状況は改善されるかもしれませんので、問題が確認された場合に活用してください。

Failed 1/1 test scripts, 0.00% okay. 1/227 subtests failed, 99.56% okay.

エラーメッセージが表示される場合には、以下の手順でインストールを行います。
「export LANG=C」という1行が必要です。
なお、この手順が必要だったOSがCentOS5.0でした。

make distclean
perl Makefile.PL
export LANG=C
make test
make install

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です