GhostScriptでPDFを画像化する際にジャギーが目立つ

GhostScriptでPostScript系のデータを画像化できるわけですが、
「-dTextAlphaBits=4」
というおまじないが効かないことがあるようです。
アンチエイリアスを設定できることになっているのですが、PDFには効かないようです。
EPSは有効です。

PDFで設定が効かないのであれば、4倍大きいサイズで画像化してからアンチエイリアスを有効にして1/4にリサイズを行うことで対応できますが、
A4サイズ程度のデータになると、かなりのマシンパワーが必要になるため現実的ではありません。
他に何らかのオプションがあるのかどうか、また気が向いたら調べてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です