シュレッダーを買い替えた

今まで使っていたオーム電機のシュレッダーは、ギアが摩耗し空回りがひどくなったためにお払い箱。
デスクタイプと小柄な奴でもこれまでよく働いてくれたねありがとう。
ということで、新しくシュレッダーを入手しました。
横浜ヨドバシでGBCのA07Mという機種をチョイス。これもデスクタイプ。
ネットでは売ってないので、ヨドバシモデルとか何かの販路に制限があるのかも。
店頭で試して大丈夫だと思い購入したものの、実際に使用するといろいろと問題が。
まず、遅い。
店頭では試用の紙を数枚入れて確認はしていたものの、連続で入れようとすると待たされる。
これはマイクロカットだから仕方がないとしても、もう少し細断サイズが粗くてもよかったと後悔。
そして紙粉が凄い。細断くずを捨てようとすると、「モワァ…」と舞い上がる。
床がうっすらと白くなるほど。
これもマイクロカットだからか、刃の構造によるものなのか分からないけど、前のシュレッダーではここまでひどくなかった。
そして、シュレッダーの内部では、細断くずが後方にたまりやすく、細断くずを捨てようと籠を取り出すとぼとぼとと零れ落ちる。
前に傾けて背中をバンバン叩いても細断くずがしっかり絡みあっているため意味なし。
袋の中で出し入れした方がいいかも。
音はそれなりにうるさいので、夜間は周囲に注意しましょう。
これは買いかと聞かれると、やめたほうがいいと答えます。
とりあえず壊れるまで使いますが、デスクタイプは卒業して据え置きタイプも検討すべきだったかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です