ImageMagickが壊れた?

WindowsVistaにインストールしてあるImageMagick6.3.2 Q8をPerlから呼び出すときのお話です。
少しの間、開発を停止していた部分を手直しすることになって画像を生成する部分が正常に動かなくなっていました。
ログをみると次のようなエラーが表示されていました。

Can't load 'C:/Perl/site/lib/auto/Image/Magick/Magick.dll' for module Image::Magick: load_file:再帰が深すぎます。スタックがオー
バーフローしました。 at C:/Perl/lib/DynaLoader.pm line 230,  line 855.


呼び出し元も、呼び出し先も階層がそんなに深いわけでもなく、動いていたときのままです。
何かのパッチでおかしくなったのかもしれないです。
そういえば、最近CPANの一括updateをしたような・・・
いろいろ調べてみましたが、これだという原因は見つかりませんでした。

結局、ImageMagickを一度アンインストールしてから入れなおしたところ、正常に動作しました。
ちなみに、上書きで更新した場合は同じメッセージが表示されて動きませんでした。
お仕事用のシステムなので、ヒヤヒヤしました。ほっと一安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です