Fedora11でrootログインを有効にする

Fedora11はセットアップしたままではrootでログインできないので、設定ファイルを編集する必要があります。
PAMモジュールというシステムで管理されているみたいなので、その設定ファイルを編集します。
ファイルの場所は
/etc/pam.d/gdm-password
で、
auth required pam_succeed_if.so user != root quiet
の1行をコメントアウト(頭に#を追加)します。
gnomeエディタで編集しようとしても権限がないので保存できないため、ターミナルからrootになってviで編集するしかありません。
このあたりの操作をあえて入れる理由が良くわかりませんが、時の流れなのでしょうか。
とりあえず、これでrootでログインできるようになりました。

今度は勝手にrootでログインとか調べてみますかね。

2 thoughts on “Fedora11でrootログインを有効にする

  1. 大変助かりました。
    他の所ですと、Fedora10までのやり方で、いっこうにrootで入れないので、Fedora10までで
    断念しようかと思っていたところでした。

    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です