7月 20

今頃WindowsVistaのReadyBoostを使ってみる

量販店で4GのSDHCカードがワゴンセールされていたので買ってみました。
ノートに備え付けのリーダーもろくに使っていなかったためか、認識に渋ってくれましたが、とりあえず設定を済ませました。

う~ん。
速くなったようななってないような。
でもアプリの起動速度は地味に早い気がするのかも?

7月 05

GNOMEが起動しなくなったなら

CentOSとか、Fedoraとかで、デスクトップ使用でセットアップした後に、アプリを削除すると一緒にGTKも消されてGNOMEが起動しなくなる。
一番最初はかなり慌てたけど、何度かやるうち(何度もやるなよ)にだんだん慣れてきて(慣れるなよ)しまった今日この頃。
yumでグループまとめて入れば直るはずです。

yum groupinstall ”GNOME Desktop Environment"

グループの指定方法について詳しいサイトがありました。
yumでグループを使う

CentOSとFedora以外ではやらかしてないので、ほかのディス鳥については不明です。

5月 29

Plat’ Home Trus-E13にLinuxをインストールする(改)

先日いろいろ苦労したサーバーのインストールですが、サーバーの機能を一部あきらめてみることにしました。
デバイスの辺りに問題がありそうなので、一番問題と思われるRAIDコントローラーをを外してみることにしました。
PCIボードに刺さっているADAPTEC 2010Sをはずして、CentOSを入れなおしてみると・・・成功です。
何の問題もなくインストールできました。
ハード優先するよりも、使い慣れたOSが動くようにチューンしたほうが後々いいはずです。
今まで動かしていたUbuntuは多機能とはいえども、いままでの慣れには劣るため、設定周りで難儀していました。テキストで全部やればいいんでしょうけど、ここは過程より目的です。

CntOSnoパッチを当ててからまたWCGで付加テストをやって、問題なさそうなら時期サーバーにします。
うるさいけど。

5月 25

Ubuntu9でHTTPサーバーを構築する

デスクトップ版をインストールしたものにサーバー機能を追加してみましょう。
後で思い出しながら書いているので、抜けているかもしれません。

追加が必要なものは次のとおり(だったとおもう)
webmin
apache2
sendmail
postfix
proftpd
mysql-server
php5
php-pear
php5-gd

Ubuntuにもyumが入るらしいがリポジトリの設定がダメなのか全然使えなかった。
インストールはapt-get、検索はapt-cacheを利用する。

5月 23

Plat’ Home Trus-E13にLinuxをインストールする

先日、ヤフオクにてサーバーをゲットしました。
Xeon2.4GHz(HT)x2、メモリ4G、HDD36Gx2で、そこそこの代物です。
ちなみに落札価格は3,000円でした。
物はジャンクなので正常に動作するかはなぞですが、とりあえず新しいおもちゃが手に入ったので遊ぶことにしましょう。
plathomee13

さて、まずはRAIDの設定です。
このサーバーでは、[Ctrl+A]でSCSIの設定画面が出るので、ミラーリングのRAID1を選択します。
次にOSはCentOSを選択。

CentOSのブートディスクを入れて進めていくと・・・パーテイションを選択する段階でHDが見つからないと怒られて、ここでインストールが止まってしまいます。
なんどかSCSIの設定をやり直してみたり、BIOSをいじってみましたがだめです。
さすがにジャンク扱いはこんなものかなと諦め・・・はしません。

こういうときにはぜんぜん違うものを入れてみると原因がわかったりするので、ひとまずubuntuを入れてみることに。
・・・何の苦もなくインストールが完了しました。
どうやらOSの問題か相性の可能性が高い、つまりハード的には問題ないかもしれないようです。
ここでCentOSのドライバ周りを疑うことにしました。

起動画面とにらめっこしていると、
Adaptec I2O BIOS という文字が見えます。
この文字からドライバを探してみましょう。
I2Oとは、検索によるとサーバ向けの統一規格ドライバのようです。
追加ドライバのリストには「I2O Block Driver」がありました。
どうやらこれを追加してやればいいようです。

そこで、改めてCentOSを入れなおしてみます。
ブートして操作待機画面で通常はそのままエンターキーを押すところを、デフォルトプロファイルを選択しないモードでインストールを進める「linux noprobe」を入力します。
これでHDDが認識できるようになったので、後は通常のインストールと同じです。
インストール作業が終わって、再起動をすると、問題なく起動・・・しませんorz
ネットワークのサービスを起動する時点で固まります。
BIOSでNICを切ってやると、今度はISDNサービスの起動時点で固まります。
この安物のサーバーは、どうやらネットワーク系が死んでいるようです。
サーバーマシンでネットワークがだめとはどうしようもありません・・・

次にFedora10を用意しました。
こちらは何もしなくてもI2Oを認識しました。
インストール完了までは問題なく進み、ブート画面が表示されてプログレスバーが延び始め・・・てマウント失敗と出ますorz
mount: error mounting /dev/root on /sysroot as ext3: No such file or directory
インストール時にはHDDは問題なく認識しているのに、起動時になって認識失敗とはどういうことでしょう・・・
この問題の解決方法がわからないので諦めます。

次にopenSUSE10.3
インストールからして全体的にWindowsに似せた構成です。
対応アプリが充実すれば、デスクトップとしてそこそこ使えるのではないでしょうか。
パッケージマネージャが個人的に会わないので使ってはいませんが、サーバ用途なら特に問題ないのかもしれません。
何の問題もなく最後まで安定して進み、再起動も問題ありません。
相性ばっちりといったところでしょうか。

次にVine4.2
結構前に、貧弱なマシンに入れるために選んだことのあるディトリです。
インストールを進めていくと、インストール画面に行く前にHDデバイスが見つからないからドライバを追加しろといってきます。
このチェック機能はCentOSより上だったのですね。
関心しながらI2を追加して進めていくと・・・orz
パーティション設定でやはりHDが見つからないといわれます。
さっきのドライバ確認は何だったのでしょう。
気を取り直してもう一度試してみましょう。
よくよくみるとI2O Block以外にAdaptec I2Oというものがあるではないですか。
これで試してみましょう。
これが正解だったようです。
パーティションの設定も無事に終わり、インストールが開始されました。
再起動後も問題なさそうです。

そこで、改めてCentOS5.3を入れなおしてみることにしました。
が、やはりだめでした。
ネットワーク系のチェックで固まります。

さらにFedora10で挑戦します。
しかし、同じようにマウントエラーで進めません。

結局Ubuntuを入れて落ち着くことになりました。

5月 22

CentOS 5.3をネットワーク経由でインストールする

CentOS5.3だからといって特に特別なところはありません。
たまたま新しいマシンにインストールするのと、最近記事を書いてないので、一言書いておくだけです。

片言でも中学レベルの英単語が読めれば、ネットワークインストールも特に問題ありません。
高校英語3年赤点の私がいうんだから間違いありません。

FTPのサイトはいつもの理研
「ftp.riken.jp」
ソースの場所は、5.3なので
「/Linux/centos/5.3/os/i386/」
これでimgが見つかればダウンロードを開始します。
あとは通常のインストールと同じです。

さて、ヤフオクで手に入れたPlat’ HomeのTrus-E13ですが、Xeon2.4GHzが2発、メモリ4G、HDD36Gx2をRAID1でミラーリングしました。
CentOSが問題なく動けば新しい自宅サーバのマシンに・・・

ふ、ファンの音が、うるさい・・・orz

4月 22

Fedora10でWebminがインストールできない時には

Fedora10で何も考えずにWebminをインストールしようとすると失敗します。
Firefoxでパッケージをダウンロードしてインストールを開始すると、以下のようなエラーが表示されて進めません。

Error Type: <type 'exceptions.UnicodeDecodeError'>
Error Value: 'ascii' codec can't decode byte 0xe3 in position 56: ordinal not in range(128)
  File : /usr/lib/python2.5/site-packages/yum/rpmtrans.py, line 376, in callback
    self._instProgress( bytes, total, h )
  File : /usr/lib/python2.5/site-packages/yum/rpmtrans.py, line 457, in _instProgress
    self.complete_actions, self.total_actions)
  File : /usr/share/PackageKit/helpers/yum/yumBackend.py, line 2187, in event
    self._showName(self.info_actions[action])
  File : /usr/share/PackageKit/helpers/yum/yumBackend.py, line 2180, in _showName
    self.base.package(package_id, status, self.curpkg.summary)
  File : /usr/share/PackageKit/helpers/yum/yumBackend.py, line 230, in package
    PackageKitBaseBackend.package(self, package_id, status, summary)
  File : /usr/lib/python2.5/site-packages/packagekit/backend.py, line 109, in package
    print >> sys.stdout, "package\t$s\t$s\t$s" $ (status, package_id, summary)

ここで肝心なのは最初の1行のみ。
文字コードに問題がある用です。
Fedora10のFirefoxはダウンロード先はデスクトップの「ダウンロード」フォルダです。この「ダウンロード」という文字が怪しそうです。
そこで、パッケージをデスクトップに移動してもう一度インストールを行うと、無事に完了しました。
CentOS5.3ではデフォルトの保存先はデスクトップだったのでこの様な事態に遭遇しませんでしたが、Fedora10ではこのような事態が発生します。
エラーが表示されても、落ち着いてメッセージを確認すれば大抵のことは分かります。
今手に入るLinuxではWindowsみたいに謝るだけで何がダメなのか教えてくれないなんてことはありません。

4月 13

CentOS5.3がリリースされていました。

リリースがズルズルと延びていたCentOS5.3ですが、2009年3月31日にリリースされていました。
英語をまともに読めないので、PlanetCentOSの記事はさっぱりなのですが、リリースだけは理解できます.
とりあえず、ファイルサーバを用意する機会があったので、インストールしてみました。
画面ではおなじみのブルーのグラデーションに、和風な模様が追加されて、和らいだ感じです。

3月 27

まだまだ使いこなせないLinuxでメールサーバ

CentOS5.2の話です。
cronを走らせているので、rootにメールがしこたまたまります。
今までは気が向いたらWebminから削除していたのですが面倒くさい。
メール送信をとめる方法もよくわからないし、それよりもきちんとログをチェックしろと怒られそうなので、受信しようと思いました。
ユーザの設定とか、PostfixやDovecotをいじってもログインができません。
どうやらグループがrootだとだめらしいことまではわかりましたが、なぜなのかがよくわかりません。
adminというユーザを作って、グループをrootにすると蹴られるけど、adminにすると受信できます。
とりあえずadminユーザでしのごうと、メールのエイリアスをrootをadminに転送するようにして事なきを得ました。

結局、rootで受信する方法がよくわからないままなので、今後の課題とします。

2月 16

CentOS5.2にProFTPDをインストールする

Linuxのディストリの一つであるCentOS5.2にFTPサーバであるProFTPDをインストールする方法です。
管理マネージャはWebminを利用しますが、これに用意されている通常の方法ではインストールができず、以前の記事の内容とは異なる方法でインストールできたので、それを記録しておきます。
CentOS5.2はGUI(デスクトップ環境あり)を前提にします。

Webminからインストールができないのに変化はありませんので、やはりrpmファイルをDAGより入手します。

DAG:
href=”http://dag.wieers.com/rpm/packages/proftpd/

File:
proftpd-1.3.1-1.el5.rf.i386.rpm

デスクトップなどの適当なところへ保存しておきます。
以前の記事ではターミナルから必死にインストールを進めましたが、よくよく考えると
書庫ファイルをダブルクリックすればよかったのです。
ということで、ダブルクリックすると、パッケージマネージャが起動して依存関係を調べてインストールが完了します。
とても簡単です。

改めてWebminよりProFTPD Serverを開くと、設定などのメニューが表示され正常にインストールされていることが確認できました。